格安SIM・SIMフリースマホについて



格安SIMは、SIMの中でも安い料金で通信や通話を行えるチップや
サービス・提供する通信業者のことを指します。

通常の大手キャリアのSIMが高いので、
それに比べると「格安」な「SIM」というチップが、テレビや、新聞、
雑誌、インターネットなどのメディアで話題になったわけなのです。

大手キャリアも、他社に簡単にうつられないように、
スマホ本体に、SIMロックという、使える通信会社を
制限することを長い間してきました。
そのため、なかなか契約を格安の業者を含む他社に
移動することができませんでした。
しかし、2015年、SIMロック解除を促すように政府が動いたため、
SIMロック解除機能を持つスマホを販売するようになり、
一定期間が経ったら、SIMロックを解除するようになってきました。

そのため、格安SIMが普及し始めるようになりました。

SIMフリースマホというものも販売されており、
何処の通信業者のSIMをいれても使えるという、
まさにフリー「自由」なスマホなのです。

どの会社でも使えるため、若干値段が高い傾向がありますが、
価格やサービスなどが気に入らなければ、次々と他社へ
移ることができるので、大変人気があります。

ただ、下のある方のスマホ料金状況と感想のように、
色々手続きが面倒なので、色々評判を見たり、比較したりするものの、
なかなか重い腰を上げられない方も
多いようです。

androidのスマホをドコモで契約の方のスマホ料金



私は現在Androidのスマホをドコモで契約しています。
毎月の平均請求額ですが約1万円前後となっています。

その内訳ですが、まず基本使用料2700円のかけ放題プランと
ネットの通信料が5ギガまでの契約で5000円、
ドコモのメール使用料300円と携帯安心パックという保証に1000円。

そして毎月携帯のアプリでのキャリア課金で324円が追加されます。

これらを合わせて約10000円弱ですが、月によってはネットを
使いすぎて課金されたり、何かを購入し携帯のキャリア課金などの
追加で大体平均1万円〜1万1千円程となっています。

もう少し安くならないかなとは思っていますが、格安SIMは、
色々手続きするのが面倒で結局そのままになっています。

NPOという団体について


NPOという団体がありますが、みなさんはどのような団体であると思いますか?
NPOとは、英語の
non-profit(非営利の、営利を目的としていない) organization(組織・団体)
の頭文字をとったものです。

つまり、NPOは、非営利組織・非営利団体の略であるのです。
非営利団体とはいうものに、利益は追求してもよいのです。
ここが英語や漢字から多くの皆さんが想像して間違えてしまう点です。
全く利益を追求してはいけないというわけではないのです。

ここでいう非営利とは、
団体が、事業を行って利益を出した場合、その利益を出資した方々(出資者)に
還元しないという意味なのです。
出資者はその団体に対して利益を求めないということです。

非営利の種類として、
まずは非営利の法人と、法人ではない団体に分けられます。
また、それぞれ目的により公益団体・共益団体にわかれます。
公益団体とは利益の目的として、不特定多数を対象としている団体。
共益団体とは利益の目的として、ある特定の人々を対象とする団体です。

詳しいことは、ウィキペディアの非営利団体のページをご覧ください。

auのiPhone6を契約の方のスマホ料金



auのiPhone6を使っています。

私はスマホでゲームをしたり音楽を聴いたりする事は
ほとんどありません。

基本的に家族や友人との連絡やネットを少し使うくらいなので、
7GBの通信で制限がかかるプランで契約しています。

基本料金は8000円弱なのですが、月々の料金はだいたい1万円位です。

そんなに色々な機能を使っている訳ではないのですが、
通話プランも1番少ないものにしているのですが、たいてい、
何かしらの用事で毎月電話を利用しなければいけない場面が
何度か出てきて料金が高くなります。

ただ、特定の人と電話をする習慣がある訳ではないので、
なんとなくプランを変更するのは留まってしまい結局1万円より
安くなりません。